こだわり観光ルート

シニア 中・上級編 <探訪パワースポット>

シニア中・上級編のコース

①播州清水寺・稚児岩

播州清水寺

清水寺は、播磨の北東部、標高約542mの御嶽山にある天台宗の寺院です。平安時代後期に書かれた『今昔物語集』には「播磨国の東北に霊験あらたかな霊峰がある…」としてすでに紹介されています。また、西国三十三所観音霊場のうち西国二十五番札所として、現在も巡礼の人々が後を絶ちません。

→詳細情報

②弁慶の力石~平家本陣屋跡~

弁慶の力石

弁慶が杓丈で突いたといわれる円形の窪みがあります。
元は旧道にあったものを、三草山合戦平家本陣跡(上三草)の横に異動させたということです。
また、石は横向きであったものを、現在のように垂直に立てたようです。

→詳細情報

③上三草磨崖仏

京街道の磨崖仏

国道372号線に沿った丹波道の路傍にある。凝炭岩質の自然石に刻まれ、路面からの高さ3m。東西に向いた岩面に舟形輪郭を彫って浅い龕とし、その中に像高約50cmの地蔵菩薩立像を薄肉彫にしている。
舟形輪郭の左右の陰刻の銘には永和元年(1375)とある。県下でも類例の少ない鎌倉後期の造立銘をもつ磨崖仏として貴重である。

→詳細情報

④安国寺首塚

安国寺

室町幕府6代将軍足利義教は、嘉吉の乱で赤松満祐によって暗殺され、その首は、足利家ゆかりの安国寺に手厚く葬られた。境内裏の首塚である石塔は、ほとんど完全な形で保存されており、室町時代中期の優れた石造物としても重要な文化財となっている。
山門から本堂に至る小道や庭園も趣が有ります。

→詳細情報

⑤道の駅とうじょう

道の駅とうじょう

加東市東部の玄関口、中国自動車道ひょうこ東条ICに隣接し、交通や観光の拠点として様々なザービス施設を整えている。また、地元の新鮮な野菜や特産品、お土産品の販売のほか、レストラン・コンビニを併設しており、多くの人々の憩いとコミュニティの場として人気。

→詳細情報

詳細地図