観光スポット

こだわり

上三草磨崖仏
上三草磨崖仏
国道372号線に沿った丹波道の路傍にある。凝炭岩質の自然石に刻まれ、路面からの高さ3m。東西に向いた岩面に舟形輪郭を彫って浅い龕とし、その中に像高約50cmの地蔵菩薩立像を薄肉彫にしている。尊像は蓮華座上に立つ端正な姿で、右手に錫丈左手に宝珠をもつ。像の下方の左右に夫婦と思われる願主2人の座像が浅く線彫りされている。ともに高さ15cmで、合掌印を結ぶ。
舟形輪郭の左右の陰刻の銘には永和元年(1375)とある。県下でも類例の少ない鎌倉後期の造立銘をもつ磨崖仏として貴重である。
詳細情報
住所
加東市上三草687
駐車場
やしろ国際学習塾駐車場から徒歩15分
トイレ
あり
拝観
無料
元のページにもどる