観光スポット

三草藩武家屋敷
三草藩武家屋敷
江戸時代中期の寛保2年(1742)丹羽薫氏は播磨の国、加東・加西・多可郡と美嚢郡内で禄高1万石の三草藩を成立させ、この地に陣屋を構えました。
尾崎家は藩の大目付であった30石取りの藩士、尾崎弥一郎の後裔です。
住宅は、一部に拡幅がみられるほかは改変が少なく、正面の式台のまわりなどに昔の武家屋敷の面影が良く残っています。
また、屋敷門、土塀、納屋、井戸端などからも江戸時代終わり頃の武家生活が偲ばれます。
詳細情報
駐車場
やしろ国際学習塾の駐車場
トイレ
あり(やしろ国際学習塾)
拝観
無料(土・日・祝日)
元のページにもどる