観光スポット

秋津薬師堂
秋津薬師堂
県指定文化財。
本尊の胎内銘の末尾に、永禄11年戌辰(1568)12月9日とある。この本堂も様式手法からみて同時代のものと思われる。
創建当初は方三間、四方に縁をまわしていたらしい。柱は大面取りの方式で、隅柱上にだけ舟肘木を組み、意匠、構造ともに簡素である。
その後、宝暦6年(1756)の頃に内陣奥行きを一間拡張し、厨子を新しくして、床、天井、柱間装置などにも改修が加えられたようである。このことは、脇壇に安置された阿弥陀如来座像台座の下面に宝暦6年11月吉日とあることから推定できる。
改造はあるが、この地方の室町末期の辻堂建築の形式を知る上に貴重な遺構といえる。
詳細情報
住所
加東市秋津912
駐車場
秋津住吉神社前にあり
トイレ
無し
拝観
無料
元のページにもどる